低速回転 スロージューサー

野菜の栄養価を損なわない手回し臼のような低速で絞る低速回転するスロージューサーの販売
低速回転 スロージューサー

野菜の栄養素を壊さないでジュースにできるのが低速回転スロージューサーです。

スロージューサーの種類もイロイロ

低速回転でジュースにするスロージューサーも、大きく分けて臼式とギア式にわかれます。 いずれも、従来のジューサーのように高速回転するブレードで粉砕するのではありません。
・臼式 :まるで人が手ですりおろすような動作で、野菜を搾汁します。
・ギア式:2つの回転するギアで挟み込み摺り抜けることによって搾汁します。
いずれも低速で回転して搾汁するために、摩擦熱による野菜の栄養素を出来るだけ損ねずに、 素材の味を引き出します。 また、音も静かで、無駄なくしっかり絞れるのも特徴です。

低速回転 スロージューサー比較表

製品名 型番 方式 生産国 重量 回転速度 備考(使用時間)
ジュースプレッソ EJ-CP10A 低速圧縮絞り 日本製 5.2kg 32回/分 シャープ製
ヒューロム HUROM-2S LSTS低速圧縮絞り 韓国 5.3kg 80回/分 30分
イキイキ酵素くん OD-312 LSTS低速圧縮絞り 韓国製 4.5kg
80回/分 15分
ベジフル - LSTS低速圧縮絞り 韓国製 5.5kg 80回/分 15分
グリーンパワー KP-E1304J ツインギア 韓国製 6.2kg 160回/分 20分
グリーンパワー GP-E1503 ツインギア 韓国製 9.6kg 90回/分 30分
クビンス NS-998PSS 臼式低速圧縮絞り 韓国製 6.5kg 78回/分 30分
鈴木式 ツインギア 日本製 9.3kg 96回/分 有限会社鈴木糧食研究所
「イキイキ酵素くん」と「ベジフル」は、ほとんど同じ仕様です。

低速回転ジューサーの機能別比較

低速回転ジューサーの機能も、大きく分けて、2つのタイプがあります。

臼を手で回すように潰す低速回転タイプ

ヒューロムジューサー 臼を模した「石臼式スクリュー」が、低速で回転することで、手回しの臼挽きと同じような働きをします。 ゴリゴリと、手回しの臼や、すり鉢で摺りおろしているような感じですから音も非常に静かです。
低速なので摩擦熱による栄養や酵素の破壊が少なく、酸化・分離も最小限に抑えられます。
臼が縦についたもの(ジュースプレッソ、ヒューロムジューサー)と、横になっているもの(キイキ酵素くん、ベジフル)がありますが、 機能的には違いはありません。
価格も、ツインギア方式に比べると安価です(3万〜5万円)
■製品のご紹介
 縦臼型 ジュースプレッソヒューロムジューサー
 横臼型 イキイキ酵素くんベジフル

2ツのギアに挟み込んで潰す低速回転タイプ

グリーンジューサー ツインギアの特徴は、低速で回転する2つのギアの間に野菜を挟み込んでつぶしながら押し搾り出す方式です。
比較的連続運転が可能なので、飲食店など、多くのジュースが必要な場合に重宝します。 また、フィルターの簡単な交換により、ジュースだけでなくミンチなどにも使えて機能も豊富です。
ガン治療で有名なゲルソン療法で使われているノーウォークジューサーに近い粉砕方式です (ノーウォークジューサーは、粉砕機能と圧搾機能が別になっています)
価格は、臼式に比べると、比較的高価です(5万〜10万円)
■製品のご紹介
 ツインギア型  グリーンパワーしぼるくん鈴木式
 シングルギア  ノーウォークジューサー


低速回転ジューサー トップに戻る